たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  三鷹市 三鷹市

プロフィール
いのいの
いのいの
三鷹のファイナンシャルプランナー、いのいのです。
只今、社会的企業の開業準備中です。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
< 2018年04月 >
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

2010年09月27日

仲間達に、「なんでそっちの領域に行くの?」と不思議がられた。
「こっちの仕事で、今のままで充分なんじゃない?」
それに強く反発してみようと改めて思った。
今のままでやっていくには不安がありすぎるし、目指したいものがある。

ひたすら他人の家庭を壊しまくった社会人になってからの7年ほど、
その中で偶然めぐり合ったFP。
逆に人の家庭のためになれ、仕事で感謝してもらえた。

小さい頃の暖かい思い出と哀しい思い出、 
たぶん、いまやろうと思ってることにはそれらが詰まってる  はず。


2年ぶりに大切な人を訪ねてみた。
2年前は軽費老人施設。でも今は体の容態が悪化して、
病院を退院後、マンションの1室で過ごしていた。
意識や記憶がおぼろげだと聞かされてたけど、覚えていてもらえた。
 
デイサービス会社が借り上げてる3LDKの2部屋を改装して、
介護事業者の事務所も併設されているその2部屋に、
あわせて7人の老人が暮らしていた。
表情は消え、声はなく、中には機械のように息をしているだけの人もいた。
声をかけても、聞こえないのか、聞こえてても反応しないのか、そんな人もいた。
匂いが気になった。 たぶん排泄物の容器がたまっているのかもしれない。
部屋に、小さな蟻が這っていた。


その人は帰り間際に力が出ないはずの手でしっかり握ってくれた。 
嬉しくもあったけどどこか痛かった。でも笑顔をみせてくれたことが何よりだった。


人生の末期、少なからず誰もがどこか壊れて続けて生きていく。
変わり果てた姿でも笑顔を見せる人、笑顔など消えてお面のような顔で毎日暮らす人。

自分がそこに入っていけるのか、理想を貫けるのか、
妥協しないか、自分が変わり果てたりしないか、

まだ壁はこんなもんじゃないはずだと思う。


すみません、この記事はひとりごとでいきます。
コメントを書こうと思って頂いた方、すみません。




  • 同じカテゴリー(創業までの悩み)の記事画像
    会社は誰のためにあるのか?
    デビューします!
    みたかビジコン
    同じカテゴリー(創業までの悩み)の記事
     会社は誰のためにあるのか? (2011-03-10 05:10)
     デビューします! (2011-01-15 00:12)
     みたかビジコン (2011-01-10 13:19)
     われは、われならずして、われであるわれ (2010-12-08 02:48)
     日本がもし100人の村だったら・・・ (2010-11-19 02:46)
     SOHOフェスタin三鷹 (2010-11-18 18:56)
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。
    削除
      コメント(0)