たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  三鷹市 三鷹市

プロフィール
いのいの
いのいの
三鷹のファイナンシャルプランナー、いのいのです。
只今、社会的企業の開業準備中です。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
< 2011年08>
S M T W T F S
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2011年08月19日

ニンジャという名の競走馬

地方競馬の新潟から、「ニンジャ」という名前の競走馬が、9月4日のレースで勝負をかけるようです。
勝てばG1への出場権も獲得できるとか!?


応援したいですねー。
なんでも伊賀と甲賀のタッグチームとか!
これは、古館さん流にいえば、「世紀の大合併!」
三菱重工+日立も 霞むってもんです!(笑)


でもいいですよねー 馬主さん。
一生の憧れ。 私の夢は馬主!  
しかも、ダービーのウイナーズサークルに入って、記念写真を撮って、
優勝杯のトロフィーを、そうですねー、そこらのタレントじゃなくて、
永遠の心の師、アントニオ猪木にもらったら(で、気合の張り手とかもらったら)
即、その場で人生全うしてもいい!  って思います。


夢、語りますね。


優勝馬の父は、ディープ!!!  
調教師は復活された池江先生!!
もちろん鞍上は、豊 ってなもんです。
あ、母は国際結婚したウオッカなんていいよね 

(いったいいくらするんだ、って感じ?) 

名前の候補はね、もう何年も前から決まっているのです!


1.ウイニング・ザ・レインボウ (剣崎を破った感動のフィニッシュブローだよね)
2.ギャラクティカ・マグナム  (これは、多分代名詞的)
3.ブーメラン・テリオス    (個人的には、印象の薄いこれは好き)
4.ハリケーン・ボルト     (ご存知、石の代名詞!)
5.シャドウ・メイオウケン   (大好きだった総帥の、一番好きなブロー)
6.ホーロドニースメルチ    (あ、違う話?キグナスの氷河が好きだったので♪)
7.オーロラ・エクスキューション(同じく。カミュも好きでした!)
8.ライトニング・プラズマ   (獅子座【レオ】の前にギリシャ12神編で出たの知ってます?)
9.キンニク・バスター     (あ、ネタ元違うよね)
10.シューティン・スター    (これだけオリジナル!ディープの初仔の時に勝手に付けた!!)


わかんない人にはちんぷんかんぷんですよね!
でも、わかる人には、「それか?!」かも。

いずれも車田正美先生に許可を得なければ・・・。
でも、9文字ルールに収まらないの多いんだよね・・・。
さしづめ、「ウイン・ザ・レインボウ」ならOKか?


そう、わたくし、隠れ競馬ファンなのです。
でもここ1、2年遠ざかってるかなあ。。。
来年あたり、ディープの仔と豊が奮起してくれないかなぁ・・・。


ちなみに、大好きなのは、
ディープ・インパクトを筆頭に、カワカミ・プリンセス 
そしてもちろん故オグリ・キャップ(引退の有馬は号泣ものですよね)
なのですが・・・・
未だに神は、当然、故サイレンス・スズカなのです(泣)

晴れの(はずの)天皇賞、秋でしたよね? 泣いたよね?
今でもサイレンス・スズカの記事やブログを探しては、
思いにふけることもあります。記憶に残る名馬は決して消えないです。

そういえば、誰かが、天才豊はサイレンス・スズカの思いをひきずってる。
だから、ディープには無理をさせない走りを貫いた、ってのを見たことがあります。
タイプは真逆だけど、やんちゃぶりと飛翔ぶりは同じような危険をはらんでましたよね。

スズカ・フェニックスも頑張ってほしかったな・・・









    














  

  • Posted by いのいの at 03:07Comments(0)ひとりごと

    2011年08月14日

    ヴァイスビールが最高!

    写真は、吉祥寺のポヨ(POLLO)

    ビール党の方は、前からご存知かと思いますが、
    今年の夏のお気に入りは、ヴァイスビール!!
    ヴァイツェンというタイプの、白ビールとか白濁ビールとか言われるドイツのビールです。

    苦み、コク、キレ、喉ごしなどなど、ビールに求める美味さもいろいろですが
    これにフルーティーは爽やかさを加えるのが今年のマイブームなのです。

    で、お勧めがフランツィスカーナー・ヘーフェ・ヴァイスビール!!
    まだまだ残暑が残る夕方に、一人でもふらっと立ち飲みのお店で
    キンっと冷えたこれを飲む!!(一杯800円)
    これが至福の瞬間なのです♪ 

    別に吉祥寺のこのお店でなくても置いてあるので(あたりまえか) ぜひ一度どうぞ!!


    ビールといえば、缶ビールの好みも毎年変わります。
    エビス→サントリープレミアムモルツ→そしてオーソドックスなサッポロ黒ラベルと、
    いろいろ変遷してきましたが、どうも最近はこれ! というものがなかった・・・  が!!

    ついにみつけました!!
    その名も、キリンの 「 ICE+BEER 限定醸造」  ふつーにコンビニで売ってます。

    氷を入れて・・とか書いてますが、そのまま飲んでますけど、これが美味い!!
    なんとなく、ヴァイスビールに似た感じがするのは言い過ぎかな??
    種明かしは、乳糖を加えて醸造している、ってラベルに書いてありました。

    これもぜひ一度はお試しあれ (好き嫌いはあるかもですが)


      

  • Posted by いのいの at 14:49Comments(0)ひとりごと

    2011年08月12日

    体臭

    わたくし、眼鏡をかけてるので目は悪いし、
    若い頃の悪い癖で、耳も少し悪いかも・・・。
    でも、嗅覚は人一倍なんです。年中鼻もスースー通ってるし!

    で、そんなボクが大の苦手な臭いがなんていうか、

    ムワッてくるような

    ドバッてかいたんじゃなくてジトジトってかいた時の汗のような

    よく日光を浴びずに生乾きで乾いてしまった洗濯物のような

    経験上、ひざとかすねとかすねの後ろのあたりから漂うようなあの臭い!

    汗かいたあと、履いていたデニムを脱いで腹のあたりを嗅いでみてください。
    たぶん、大方の人がその臭いしてると思う・・。

    それが、この世で一番ダメなのです・・・。
    むしろ、強烈な腋臭のほうが割り切っててマシなほど。


    今夜、久しぶりに(といっても3日ぶりくらいですが)お酒を飲んだ帰りの電車の中、
    これをモロに浴びてしまい、未だに頭が痛くて眠れません。。。。


    この臭い、圧倒的に男の臭い。
    それも中高齢の人よりは若い男に多いのです。
    とくに夜の井の頭線は異様なほど平均年齢が若いので、夏場は地獄。

    もちろん自分でもその臭いを感じます。しょっちゅうね。
    そんな時は、これでもかっていうほど体洗いまくりです。

    ま、このご時世、ムンムンしてるんで仕方ないけど、
    犬並みの鼻の自分が恨めしくなります。。。。


    あ、

    逆に好きな匂いは、お婆さんの匂い!!!
    特に線香なのかお香なのか・・・ 

    あれですね、白檀の香り。

    サンダルウッドじゃなくて、あくまでも白檀!
    この香りをほとばしるお婆さんを見つけると、
    満員電車の中でもスリスリ近寄ってしまいます(苦笑)

    オジサンの加齢臭も、自分の臭いに近いのか(笑)、
    なんとなく気が落ち着いてしまうのです。。
    ウットリ ではないけど ウトウトしてしまう。


    別にお洒落なんて意識してなくて、汗ベトで、加齢臭をまき散らす
    オジサンはいいのです。働く人のエンブレムなのです。


    言いたいのは、お洒落気取りの若いオトコ!
    眉とかヘアーとか、そこまで気遣うなら、臭いにも気付け、って言いたい。
    全身のあらゆる毛を剃って、パウダーとか持ち歩いて下さい・・・・。


    ほんとに・・・


    あと、時代遅れのムスクも勘弁ね!







      

  • Posted by いのいの at 02:48Comments(0)ひとりごと

    2011年08月11日

    それでも新興国に投資する

    やはりというか円高、ってよりはドル安の動きは変わらないですね。
    相場を張ってる個人投資家の友人などは
    ここ数週間で大きく上下に動いたブレ相場に乗れたとのこと。
    感謝の言葉だけじゃなくて奢ってもらわねば・・・
    いやもとい、たくさん消費して貰わねば。

    ただ、格下げを食らったとはいえ欧州の懸念が大きいので
    なんだかんだ言っても米国債は買われてます。
    買われてるうちは金利の急騰はないしドル高に向かうエネルギーも起きません。
    ドル安円高局面にあるうちは日本国内物価の急騰や金利上昇も小康状態なのでしょう。

    だから新興国の通貨や債券に投資する。
    そんな方もまだまだ多いし商品も相次いで出てきてます。

    確かにじわじわいくなら中南米、東南アジア、中欧などは魅力ですよね。
    ドル安、っていうよりこんどは円高がさらに進行してしまえば
    内国企業の海外移転が進むことも言われてます。東南アジア圏でしょうね・・。


    ただ、もともとパイの小さな市場に、ギュウギュウ状態です。

    最悪なのは、この均衡状態が崩れて、欧州&米国の債券暴落なんかの事態になると
    一気に金利が跳ね上がってしまいます。株価も一時は同時に一段安になるかもしれません。
    その過程の中で今度はドルが(短期金利とかで)買われるようになって、ドル高(円安)が進み、
    日本の経済再建が進んでいなければ深刻な景気低迷下での物価上昇が襲うシナリオを予測する人もいます。


    そういうパニックの中で、真っ先に、しかも悲惨なほどに叩き売られるのがリスク資産です。
    新興国投資、長期的にジワジワ行くならポジションを増やしたいところだと思います。
    真逆ですが短期でもいいのかも。
    でも、近い将来はいったんポジションを減らしておくのがよいような気もしてます。

    何に投資するにしても持ちっぱなしは禁物。
    分散するにしてもリバランスは昔以上に不可欠だと思います。


    知人から、南米の同国通貨建てDD(ディープディスカウント)国債を検討してると相談を受けました。
    個人的には割引債やDD債はお勧めなのですが、償還が10年後。
    しかも発行体は、ヘッジ取引等でもよく名前の出る欧米の投資銀行・・・。
    あえて名前を伏せなくてもモロバレですが、ワールドカップや五輪のさらに5年後の償還・・・。
    利回りは悪くないのでさすがに元本割れの可能性は低いと思いますが、
    体よく、投資銀行が為替で一儲け、っていう構図がミエミエですよね(苦笑)
    いったいなんのための資金調達なのかもよくわからないのですし。


    とかいっても、何も動かず、にもリスクはあります。
    最悪のインフレ、もっとひどいスタグフレーション(大げさかな)。
    こまめに時期を分けて、少額ずつ、がセオリーなのでしょうね・・・。


    友人にも、色気を抑えて、主力の老後資金でなく10年後の旅行資金程度までで
    「当たればマチュピチュ旅行」「外れれば箱根あたりに3泊4日」
    までに抑えれば?と言っておきました。  




      

  • Posted by いのいの at 14:50Comments(0)FP的

    2011年08月03日

    円高のどこがいけない?!

    いきなり反感を買いそうな言い出しです。
    もちろん、「良い円高=日本を高く評価して世界が日本買いを進める」

    ではなく、ドルが売られる相対的な結果なので、手放しで喜べる状態ではありません。
    それより、一定レンジの均衡の外にはみ出してしまう状況は円高、円安いずれの場合も、
    投機の相場を張っている人以外は、経済的にそうそう好ましい状況ではないでしょう。


    長らく都市伝説のように語られていた、「米国債の一時デフォルト懸念」は、
    ここ最近、一斉にあちこちで報道されてました。
    (たぶん、それはもう大丈夫との合意のもとで報道規制が解かれたからと思ってましたが・・)
    そして大方の予想通り、この懸念はひとまず収束しましたが、
    市場はそれをとっくに折り込み済みで、今は米国債の格下げ懸念でのドル売り。

    ただし、日本による為替介入(円売り介入)の可能性が公式見解されて少しドルは持ち直してます。

    為替介入の時期も、妙なのだか早々なのか、相変わらずわかりませんね・・・。
    少なくとも原因がはっきりしているのだから、それが白黒ついてからでもよいと思うし、
    ややもすると75円割れを公認しているようで、なんか裏の意図までがみえない。


    もうしばらくは、円高方向への可能性もまだまだあるとは思います。
    投機で(投機は今や立派な運用手法なので否定しません)相場を張ってる人は、
    ここで無理に意地を張らないでおくのが無難だと思いますが、
    そうでない、私たちは、円高のメリットも楽しみたいものです。
    長期で休暇が取れるのであれば旅行もいいし、買い物もいいですよね!
    何をのんきな! と怒られそうですが、為替の歴史的かつマクロ的な動きにあがらうことすらムリ。

    お金は使うためにあるものなんですから、タイミングを見計らって楽しく有意義に使いたいものです。
    貯蓄や運用というのは、今使う代わりに計画的に使わないでとっておいて将来使うための手段です。
    手段に過ぎないのに、それが大本命の目的になってしまうから苦しくなる・・・。
    いずれ、お金というのは使うためにことは変わらないのです。

    また、来年、再来年のことなんて、アナリスト等の専門家でも平気で大外れしてます
    (毎年の新年の新聞での予測をみれば、大外れなのは言うまでもありませんね)。
    どうせ、わからないのなら、「なんか円高の今がチャンス」と思って、外貨を使えば気分いいもんです。
    「俺はここぞとばかりに旅行に行った、とかこれを買った」なんてのも自己満足に浸れてよいですね。

    運用等の相談でも、「いま、外貨投資をするチャンスですか?」というのをよく受けますが、

    「やったらいいのでは?」 ですよね。それしか答えようがない。
    でも、基本は、「あり金すべてを使って一気にお金をはたいてはダメ!」 
    今年よりも来年、あるいは将来はもっと円高になってるかもわからない。そうでないかもわからない。

    お金は小出しに活用し、今年投資する分だけの金額に留めておきましょう。
    来年さらに円高になっていれば投資できる額が増えたと喜べばいいし、
    逆なら逆で、過去は振り返らずにその先はどうか?とまた、来年可能な投資額だけに留めるべきです。
    分散投資のつもりで外貨投資するはずなのに、一獲千金のチャンスを狙うのは矛盾です。



    とにかく、円高=ただちに経済にとってはマイナス  ではありません。
    プラスの要素もあります。むしろある一面では経済効果が高い という見方すらもあります。
    機を見るに敏な企業は、まさにこの好機に攻めの経営に動いています。
    国も、裏では資源などの備蓄にも邁進してるでしょうね。当然。
    一般的な家計にとってみれば、プラス要素のほうが大きいともいえます。


    大きな経済の流れには逆らうことも、懸念を唱えるだけの行為も無意味です。
    それにうまく乗って、楽しむのがいい。
    警鐘を鳴らすだけの人も好きにはなれません。

    FPが何言ってる? とお叱りを受けそうですが、

    予測はブレる ことを前提に、毎年毎年大まかな予測を立てながら、
    その中で、今年一年安心して使い切れるお金の額のめどを立てて、
    そのめどを立てた金額の範囲内で、毎年楽しく充実して安心にお金を使える。
    金額の多寡は問題ではありません。また、毎年自由に使えるお金の額も変わるかもしれません。
    でも、その 「目処」 が立っていることが安心なのであり、思い切って使えるものだと思います。

    こういう方向に、なるべく持っていけるようお手伝いするのがFPだと、私は思います。
    ご高齢の方に対しても、収入が不安定な方に対しても、もちろん普通に働いている方に対しても、
    「今年1年はこれだけ使っても大丈夫!(金額の多寡ではありません)」
    「使いみちは自由でいいですよ!!」
    「来年ももう一度目処を立ててみましょう」
    と応じるようにしています。 幾分、不安は軽くなってもらっているようです。  

    企業と同じく、あるいは企業よりももっと深刻に、
    ゴーイングコンサーン をやっていかねばならないのが、個人の家計です。

    楽しみ、ゆとり、安心 は不可欠だと思えるのです。

    お気楽とも思えるかもしれませんが、人はたとえどういう環境になったって生活せねばなりません。
    ならば、以前よりは激動ともいえるこの時代、その激動の程を毎年毎年少しでも楽しめるように
    なりたいものですよね。お金のかかるものだけじゃなく。

    今年は、省電と円高の夏を、創意工夫で楽しんでみませんか?
     
    かくいう私は、今年は時間的に無理そうなので、1年後か2年後の長期旅行に備えた外貨準備を
    コツコツ増やしていきます。生活もなるべく涼しい早朝を楽しみ、いまは2駅程度ですが、
    3~4駅範囲は自転車での活動領域にしようと画策中です!
      

  • Posted by いのいの at 14:55Comments(0)FP的