たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  三鷹市 三鷹市

プロフィール
いのいの
いのいの
三鷹のファイナンシャルプランナー、いのいのです。
只今、社会的企業の開業準備中です。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
< 2011年06>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサーリンク

上記の広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2011年06月28日

JIN-仁- 終わっちゃいました

TBSドラマのJIN-仁-が終わってしまいました。

この原作の漫画は連載の最初から読んでました。
原作者の村上さんの漫画で、子供の頃「六三四の剣」というのが好きだったのと
少ししてから歴史上の人物が登場してくるのをみて
もしかしたら龍馬さんも出てくるんじゃ?って期待から・・。
案の定、原作では最終話にまで出てくるほど、龍馬は深く関わってましたね。
作者の方も好きなんじゃないのかな・・・
だって歴史上の憧れの龍馬さんのいた時代に行って親友になるなんて
龍馬ファンならたまらないですもんね!


TVドラマは・・・
原作よりも、仁先生も咲さんもずっと人間的でしたよね。
仁先生なんて、かっこよくてかわいくて、泣き虫だったりして(笑)
それにしてもよく泣いてましたね!! え?男が泣きすぎじゃない?ってほど。
でも、仁が泣く場面では、嫌になるほど一緒に泣かされました(苦笑)
しかも、その場面ではメインテーマ曲の、盛り上がるところが流れたりして、
本当に卑怯です!!

印象に残った場面は・・・・

1回目に放映された時の、緒方先生の最期の時。
大阪から江戸まで来てしまって寂しくて寂しくて・・・って告白するところで
でも南方先生の寂しさに比べたらいかに些細なことかって言ってた場面
(その時も仁先生は泣いてましたよね)
未来からやってきたと告げてしまった後、まさかそんな言葉が出てくるか?って衝撃でした。

あと、2回目の今回では仁先生が捕まって江戸市中をかごに乗せられてさらされた時に、
龍馬が言った言葉!
人のために頑張っていればわかってくれる人が必ずいる。
何年も後まで覚えていてくれる人がいるんだなって、勇気も貰いました。
仁先生、かごの中でやっぱり泣いてました。
龍馬の言葉でやばくなって、仁先生の泣いている顔をみて我慢できなくなったって感じです。

そうだ、栄さんのかっけを治すために喜市ちゃんが言った言葉、
それを聞いて、ふすまを開けて餡ドーナツをむさぼりだしたところも、こらえきれなかったです。


原作ではちょっと切ないながらも幸せな感じで終わりましたが、
ドラマでは沖田総司も出てこないので、一体龍馬の最期はどうなるのかとか、
東さんも死んでしまうのでクライマックスはどう展開するのかとか、
そもそも現在に未来さんがいるなんて設定がないので、どう結びつけるのかとか
原作のファンすらハラハラさせて、かつ裏切らない、珍しい、素晴らしいドラマでした。
咲さんの痛々しいくらいひたむきなところとか、野風さんの生き様とか、
だから、たくさんの人に愛されたドラマになったのでしょうね。。

ただ・・、ドラマの最後は、もっと切ない感じで終わってしまいました。
仁先生にしてみれば、思わず咲さんを抱きしめたあと(これが唯一の直接的な恋愛シーンとは!)
そのまま別れてしまって二度と会えない人になってしまう。
感覚として、つい数日前まですぐ傍にいたのに・・・。
そんな人からの手紙。つい数日前に書いたものだけど、実は150年も前に書かれた手紙。
実際の時間はもの凄く隔ててるけど、伝わった気持ちは数日前に別れた人からのもの。
お慕い申しておりました、って言葉を言い合うところなど、たまらなく切ないです。
間違いなく、記憶に残るドラマでした。
原作のファンとしても、龍馬ファンとしても。

そして、原作の話を多分愛しているスタッフの方が作ったんだな、と強く感じましたよね。
あと、龍馬のこともすきなんだなって感じました。
龍馬ファンなら、近江屋の名前が出るだけで胸がつまされるもんです。
しかも不意に暗殺されてしまって・・。
大河ドラマの龍馬伝なんか、わざと暗殺シーンを事件風に客観的に描いてましたよね。
(あのシーンは、それまでの暗殺シーン以上に、思わず唇噛んでしまうような描写でした。
 これでもかってくらいに滅多切りにされるし。)
今回の龍馬、ちゃんと軍鶏を食べることができました(涙 あ、慎太郎はかわいそう)
しかも、斬られた理由が、やってきたことを無にするような理不尽なものではなくて
単なる敵討ち・・。 賛否はあると思いますが、どこか救われた気がします。
しかも安らかに亡くなられていきますし。。原作とは違う龍馬の最期・・・。
きっと龍馬好きのスタッフに違いないと思ってしまいました。


それと、綾瀬はるかさん、再来年に新島八重さんの役で大河ドラマをやるそうです。
八重さんは、私も大好きな歴史上の人物。
時代も同じだし、ひたむきに強い女性ですよね。なんか咲さんと被ってしまうようで、
その後の咲さんを見れるようで、今からとても楽しみです!


最後、
このドラマで、仁先生が何度も口にしていた言葉、

「神は乗り越えられない試練しか与えない」 

この言葉、勇気が出ると思いませんか?
  

  • Posted by いのいの at 02:09Comments(0)ひとりごと

    2011年06月16日

    8月のきな臭い米国債デフォルトの噂





    なぜか、新聞やテレビであまり報道されてませんが、
    相場では米国債の一時的なデフォルトがまことしやかに噂されてます。
    原因は、アメリカ政府が8月2日までに連邦債務上限を、
    14兆3000億ドルより引き上げることができなければ、
    米国債の利払いや元本の返済ができなくなるため。
    実は連邦債務は5月16日に一度上限に達したのですが、
    その際は簡単に言えば特例措置を使って、期限を延ばしたのです。
    そして次の期限が8月2日。
    8月には短期債償還や長期利付債利払いが待っているため、
    これをデフォルトさせてしまうか切り抜けるか?注視されているのです。

    もし、一時的にでも破綻してしまえば「債券売り→価格下落=利回り上昇」となって
    いろいろな影響がでるのでしょう。
    例えば、住宅ローン金利の上昇。
    支払不能に陥いる方が増えればモゲージ金融商品の暴落や破綻、
    そして住宅販売価格低下で景気も一気に冷え込んでしまいます。
    それよりなにより、アメリカ なわけなので、
    世界の金融市場に及ぼす悪影響ははかりしれないでしょう。
    様々な国の国債や株式の暴落、ドル安など、世界的な大恐慌を引き起こすかもしれません。
    中国を筆頭に日本も米国債を大量に買っていますので当然影響も避けられないですよね。

    ただ、これはあくまでもデフォルトしたら、というお話で、
    考えてみれば来年は大統領選。もしかしたらこの火種(米議会で引き上げ賛否の論争)
    も選挙戦をにらんでの攻防のひとつともいわれています。

    マーケットを手玉にとるような投資は、素人の個人では中々できないもの。
    8.02を見越して変に相場を張るのは考えものですが、
    考えもしないような事態が各国で起きているのも事実。
    噂に惑わされず、それでも事態を注視しておく用心深さが必要なタイミングなのかもしれません。

      

  • Posted by いのいの at 15:04Comments(0)FP的

    2011年06月14日

    憂鬱な時期

    この時期で憂鬱な出来事といえば、「市民税・都民税の納税通知書」でしょう(笑)
    毎年、わかっちゃいるけど、忘れた頃にやってくる。。。

    そして毎年のように、「間違ってんじゃないか、これ?」と勝手に思いこみ、
    自分で計算をしなおして見直してしまう・・・。
    あー仕事がら哀しい習性。
    印字された文字や数字が信用できずに自分で計算しないと気が済まないのです。。

    原稿とかの〆切りに追われててちょっと疲れた時には、
    新聞や雑誌に載ってる数字や言葉とかの赤字校正をして、
    間違いを修正しては自己満足に浸って爽快に気分転換する歪んだ生活・・・。

    でもね、こういう面倒な習慣のあるのもまんざら損ではないのです。
    ずっと以前ですが、厚生年金保険の加入期間で間違いをみつけて
    訂正させたこともあったのです!


    さて、
    今年もひと通り計算の間違ってないこともナットクしたので、
    きちんと市民税・都民税を納税しようと思いますが、
    ふと気になりだしたのが税収の使い方・・。
    とっておいた市報等を引っ張り出してきて細かくチェックしてしまいました。。
    市の行政も国もまだまだ納得のできない、よくわからない使途は多いものです。
    たぶん、実現はありえないことですが、
    給与所得の会社員の方も皆、個人事業主等と同じように毎年確定申告をおこない、
    社保の計算をおこなって納税・保険料支払等をおこなうことになれば、
    見えていない色々なギモンにぶつかることも多いのかもしれないな、とつくづく思ったりします。



    話変わって、今年は多くの方が寄付金等をされていると思います。
    もう既に、改めて存在感が増している「ふるさと納税」に注目している方も多いようですね!
    なんと言っても魅力は、納税した金額が、直接、その地に向かうということ!!
    これはご存知の方も多いと思います。

    でも、実際やってないとよくわからなかったのですが
    金額に応じてですが、その地方の特産品などをお礼として頂けちゃうのです。
    先日、三鷹に事務所を構えておられる、清水明夫税理士の話を聞く機会があって
    そのことを今更ながらに詳しく知ることができました。

    で、さっそく、いろいろと調べてますが、なんと魅力的なものが多いこと!
    いま、マイブームは、東北地方ゆかりのお酒や食べ物を食べれるお店に行くことですが
    ふるさと納税も癖になりそうです!!


    仕事などの時間的な制約で中々したいことができずに悶々とされている方は
    東北地方の歴史や文化はもちろん、食べ物やお酒にふれてみてはいかがでしょうか?
    そして、ふるさと納税も!!

      

  • Posted by いのいの at 03:33Comments(0)ひとりごと

    2011年06月10日

    オリックスリビングのシニアレジデンス見学

     












    9日(木)に、オリックスリビングの経営する、
    「プラテシア&グッドタイムリビング千葉みなと」に見学に行ってきた。
    プラテシアはシニアレジデンス(シニアマンション)的なイメージだけど、
    高専賃としての位置づけ。
    一方、グッドタイムリビングは住宅型有料老人ホームに位置づけられる。

    今回もメンバーとして参加している「高齢期のお金を考える会」
    http://homepage3.nifty.com/senior-money/index.html
    主催の見学会だったけど、今回は12名ほどの大人数!
    (沖縄や鹿児島からいらしたFPの方や、会のお客様も参加)。
    3時間ほど4名ほどのスタッフの方に親切に案内頂いた。
    (ありがとうございます!食事も美味しかった)

    ボク自身も今回でこういった見学は5つめくらい。
    そのうち、オリックスリビングのは芝浦に次いで2回目。

    ハード面では流石に文句なく素晴らしい。
    価格も、もちろん安くはないけど芝浦に比べると
    全く雲の上の金額というわけではない。

    もともとオリックスリビングのコンセプトは、
    サスティナブルタウン(永続的に成長する街)というものらしく、
    街の中でいろんな世代の方が住み替え等をおこないながらずっと住み続けられる、
    らしい。だから、芝浦などはファミリー層のマンション等も近隣や上層階に存在している。

    介護サービスについても、楽しい暮らしを送れるようホスピタリティを重視しているという。
    スタッフの対応も、最低限の3:1(要介護者3人に1人)ではなく、2:1に設定されている。
    統一したイメージは、マンションというよりホテルに近いだろう。

    そう、ホテル!!


    最近、高齢期の住まいを自分的なテーマにしていて、
    意識的にセミナーも、そのような内容を増やしている。
    単に自宅を改修→必要に応じて介護施設に移る、ほど問題は甘くない。
    会のセミナー等にこられるお客様など、本当にもっと深いところまで考えている方が実に多い。

    キーポイントは、
    ・要介護状態になった際の住み替えにかかるコスト
    ・そこが終の棲家となるか
    と感じている。

    自宅から老人ホーム等に住まいを移しても、
    さらに介護度が重くなると、もう一回の住み替えが必要になるケースが多い。
    その際には再び入居時に一時金が必要になる場合もある。
    そのコストに再びどれほど必要になるのか?
    そして終末期に病院に移ることを望まないのであれば、
    そこで看取ってもらうわけだが、最低限の医療サービスとターミナルケアが
    どれだけ充実しているかに注目している。

    そういう意味では、(そもそも全体的な水準は高いのだが)
    プラテシア→グッドタイムリビング への住み替えにかかるギャップは
    相対的に低いようにも感じる。
    元気なうちからグッドタイムリビングに入るという選択肢もあるかもしれない。


    それにしても・・・
    高齢時の住まいにかかる問題、選択って本当に難しい・・・。
    まだまだ自分的な有力カードをみつけるには相当の時間がかかりそう・・。







      

  • Posted by いのいの at 00:45Comments(0)FP的

    2011年06月02日

    勝利のうた

    正味3ヵ月ほどの更新です。
    この間、いろいろ仕事に追われてていっぱいいっぱいでした。

    で、更新復活の一発目は・・・迷いましたが、
    何故か約17年前に、ボクが第3の青春を過ごしていた20代後半の頃に、
    当時、沖縄で知らない人はいない、DIAMANTES のタイトル曲からスタートすることにしました。
    (第1の青春はトシちゃん、第2の青春は高校~大学時期のユーロビートかな?)

    このタイトル曲、なんと約17年前の曲です。
    でも、なんか、今のニッポンを応援してくれる曲のような気がして、最近再び気に入ってます♪

    この曲やディアマンテスを知る人も知らない人も、
    一人でも勇気を共感してもらえたら・・・・

    ディアマンテスといえば、
    当時20代の私は、毎週のようにコザのライブハウスに通ってました(ライブの後は、当然ディスコに・・)
    ガンバッテヤンド、瞳はダイヤモンド、アスタマーニャ など名曲は数え切れないですが、
    今、この瞬間、色々な人に伝えたいのは、やっぱり 「勝利のうた」かな

    よろしければ、お楽しみ下さい。

    ラテン(オリジナル)Ver.
    <iframe width="425" height="349" src="http://www.youtube.com/embed/EtG9bb3dWZ0" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

    日本語Ver.
    <iframe width="480" height="390" src="http://www.youtube.com/embed/CpJNreiuM_U" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

    思うに、今のニッポンに捧げたい1曲です。








     














      

  • Posted by いのいの at 01:45Comments(0)ひとりごと