たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  三鷹市 三鷹市

プロフィール
いのいの
いのいの
三鷹のファイナンシャルプランナー、いのいのです。
只今、社会的企業の開業準備中です。
QRコード
QRCODE
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 3人
< 2010年09>
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

スポンサーリンク

上記の広告、及び画面下部に固定表示されているオーバーレイ広告は、60日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  
Posted by たまりば運営事務局 at

2010年09月27日

仲間達に、「なんでそっちの領域に行くの?」と不思議がられた。
「こっちの仕事で、今のままで充分なんじゃない?」
それに強く反発してみようと改めて思った。
今のままでやっていくには不安がありすぎるし、目指したいものがある。

ひたすら他人の家庭を壊しまくった社会人になってからの7年ほど、
その中で偶然めぐり合ったFP。
逆に人の家庭のためになれ、仕事で感謝してもらえた。

小さい頃の暖かい思い出と哀しい思い出、 
たぶん、いまやろうと思ってることにはそれらが詰まってる  はず。


2年ぶりに大切な人を訪ねてみた。
2年前は軽費老人施設。でも今は体の容態が悪化して、
病院を退院後、マンションの1室で過ごしていた。
意識や記憶がおぼろげだと聞かされてたけど、覚えていてもらえた。
 
デイサービス会社が借り上げてる3LDKの2部屋を改装して、
介護事業者の事務所も併設されているその2部屋に、
あわせて7人の老人が暮らしていた。
表情は消え、声はなく、中には機械のように息をしているだけの人もいた。
声をかけても、聞こえないのか、聞こえてても反応しないのか、そんな人もいた。
匂いが気になった。 たぶん排泄物の容器がたまっているのかもしれない。
部屋に、小さな蟻が這っていた。


その人は帰り間際に力が出ないはずの手でしっかり握ってくれた。 
嬉しくもあったけどどこか痛かった。でも笑顔をみせてくれたことが何よりだった。


人生の末期、少なからず誰もがどこか壊れて続けて生きていく。
変わり果てた姿でも笑顔を見せる人、笑顔など消えてお面のような顔で毎日暮らす人。

自分がそこに入っていけるのか、理想を貫けるのか、
妥協しないか、自分が変わり果てたりしないか、

まだ壁はこんなもんじゃないはずだと思う。


すみません、この記事はひとりごとでいきます。
コメントを書こうと思って頂いた方、すみません。


  

  • Posted by いのいの at 01:01Comments(0)創業までの悩み

    2010年09月25日

    円高は悪?

    答えは当然、NOですよね!

    せっかく、15年に一度の安く買えるチャンスだから
    どんどん買って次の展開を待てばいいわけです。
    新聞の隅に小さく載ってる、
    内国法人による外資法人のM&Aのニュースが毎日絶えないことは
    その証であって、株式投資をしている人はその辺のチェックを怠ってないはずです。

    ところでアメリカは長くドル高政策=成長路線の戦略を貫いてきました。
    その間、株式市場も10年以上も上昇トレンドにあり、
    アメリカ型FP(投資運用助言型)がFPのひとつの成功形でした。 
    ここ2年ほどで崩壊したアメリカ型FPが、
    次の世紀にどういう形にアレンジして登場するか見ものです。

    話、戻って、ニッポンも円高で成長する路線をもっと議論してもいいと思うけど、
    なぜか、為替が円高にふれると悲壮感が。。。

    いまの円高、円とドルの関係でみるから、何故なんだ?って感じですが
    世界のマーケットの流れは、「ドル安=ドル売り」 、
    ドル安の裏に、ドル安/ユーロ高、ドル安/豪ドル高が存在して、
    必然的に、円安/ユーロ高、円安/豪ドル高 が想定されてくるわけです。

    そしてドル安方向による、ドルキャリートレードが盛んになってます。
    ひるがえって、ドル安/商品市況高 が刻々と進行中!
    金、銀、穀物の相場高騰がそれを裏付けてます。
    つまり 「インフレ」 の足音が聞こえているってこと!
    最近、中国によるレアメタル、レアアースの規制報道も、
    世界的なマーケットを見据えての、いかにも中国的な戦略ですが、
    ごく当たり前の、いってみれば資産運用ですよね。

    足音が聞こえつつある、次のインフレ、そして
    世界的に高くなりつつある商品、資源を、
    安く買える通貨、「円」 

    ボクにもっと資金があったら、
    事業でも龍馬さんの海援隊をやりますけどね!

    まあ、FP流のほったらかしで楽に資産運用する方法で
    ささやかなお金を老後のために増やす個人運用レベルでしか充分で
    これを事業にする気持ちはないですが。
      

  • Posted by いのいの at 11:30Comments(1)創業までの悩み

    2010年09月24日

    コレクティブハウス

    三鷹の身の丈起業塾のメンターで、水曜にお話を頂いた某NPO法人の
    某素敵な久保さん(笑)から、励ましと貴重な情報のメールを頂きました(感激!)
    凄い方は、根から親身な性分なんですね・・・見習わないと!

    頂いたのはコレクティブハウスに関するレポート
    http://www.wa.commufa.jp/~toshishi/sumai/koreisya/koreisya.htm

    コレクティブハウスとは、現代版の長屋を一軒の家に持ち込み、
    住人が共有のスペースと生活の一部を共有する居住形態で、
    以前にも新聞で紹介されていたのを読んだ記憶があります。
    例えば、共有のキッチン&リビングがあり、
    週単位で料理当番を決めて昼食や夕食をとったり、
    庭作業や掃除当番を決め、
    新たな住人の受け入れや住居の取り決めごとは住人全員で話し合う形式を
    採用しているところが多いようです。

    私は43歳で干支も、なぜかどんな動物占いも いつでも羊。
    羊は心のどこかに一線を持ちながらも、淋しがりやなので基本群れるのが大好きです。
    だからコレクティブハウスには憧れを持ってました。

    これはこれでいろいろ問題もあるようですが
    ある種のプライベートを確保しながら「共有」「繋がり」の持てるこの居住形態は
    神奈川の田舎で昭和を過ごした自分としては理想的な形のひとつです。

    すべての施設がそうではないと付け加えさせて頂いた上で、
    どこか「姥捨て山」に感じてしまう高齢者施設・・・
    そういう空間ではなく、「家族」のように暮らせるグループホームやシニアリビングが
    私の目指しているビジネスプランの中核です。

    一方的に与えてあげるのではなく、ご高齢の方からも与えていただく社会

    ご高齢の方だって同じような高齢者だけで暮らすのでは元気も出てこない

    こんなフレーズが頭の中木霊してます。





      

  • Posted by いのいの at 03:33Comments(1)創業までの悩み

    2010年09月23日

    井の中の蛙

    今日は、多摩地区で活躍されているNPO法人の理事長2人に面談してお話を伺ってきました。
    奇しくもお2人とも女性でしたが、パワフルかつご自身の想いに情熱を注いでおられる方でした。
    ご多忙の中、本当に有難うございます。

    私はというと、ファイナンシャルプランナーの仕事をして早10年。
    自分なりに苦しんだり悩んできました。相談させて頂いた方も200人は超えたと思います。
    この仕事、資格を取るより、取ってからの勉強・情報収集は比較にならないほど大変で
    絶えず経済動向、景気、国の施策、社会保険、税制、金融商品等々にアンテナを張り巡らさねば
    たちまちお客様にタイムリーな有益なプランを提供できなくなってしまいます

    (もし、業としてFPを目指す方がいらっしゃれば、同じく資格取得の為に苦労されるより
     その苦労が報われる資格に方向転換されることをお勧めします<苦笑>。独占業務がなく、
     最近では合格率も年々低下し難易度もあがってるのに資格取得後のほうが大変な仕事なんて・・・)


    それでも私はFPの仕事が好きです!
    お金の不安は、生活の根源に関わるものですが、いつでもいつからでも対処の効く問題です。
    決して「遅い」ということはない。
    そして、「お金」の不安に蓋をせず、将来予測の有様を知り、適切な対処をとれば、
    こと、お金に関わる不安から解消され、本当はもっと考えるべき、「尊厳ある生き方」に専念できます。


    これまでの10年、仕事がら、「センセイ」と呼ばれ続けてきました。
    本も一応世に出し、銀行等の金融機関の方々向けや年配の会社員の方々向けに時に「講師」時に「相談役」
    として対応させて頂きました。
    自分では「センセイなんてオコガマシイデス」 なんて言いながらも、
    どこか設定され、お膳立てされた世界で、教壇に立つだけで
    「センセイ」と呼ばれることに慣れきっていた自分・・・


    三鷹身の丈起業塾では、素でいると何もできない若造(本当はこうみえて40代ですが・・・)、
    言葉に重みのない平凡者でしかなく、
    そして、努力し熱い想いを実現させておられる起業家の方々にとっては、
    信用の置けない、実績のない、1個人でしかありませんでした。


    FPの中ではそこそこ実績のあるつもりでいましたが、社会、特に多摩地域の中では
    単なる 「井の中の蛙」 でしかなかった。
    この数週間、気づいていながらも認めたくなかったコト。
    でもいまは、感じたまま、ありのままの素人である自分を認めようと思います。


    ただ、これだけは一言。
    国の施策やニッポンの社会保障制度を顧みて、
    「公的年金制度」は紛れも無く世界一です! 
    (制度運営者に問題はありましたが、制度自体は世界に誇る体系です)。
    そして、ニッポンの医療保障制度も費用対効果で見れば世界で類を見ないほど完璧な制度です。

    よく北欧の社会保障制度を比較に出す、無知な週刊誌の記事やTV報道がありますが、
    よく勉強してもらいたい。

    「あなた方の無知な数字稼ぎの報道のせいで、無用な危機感を感じ、この保障制度に乗っていない国民が
     多数、被害者になっていることを」

    反論のある方は是非コメントを下さい。 ニッポンの社会保障制度について、
    その考えを改めさせて頂きます。




    でも・・・・介護問題については論外。



    世界で、いまだかつてない経験を、このニッポンは迎えます。
    誰も経験していないことを世界に率先してニッポンは近年中に体験します。


    介護は、特別な人に対し特別な人たちが抱える問題ではなく、そこら中に存在する世界に、
    世界に先駆けて間もなくニッポンは突入します。
    介護の問題は特別な世界ではなくありふれた日常。
    社会は、要介護者特別視する観念から、ありふれた日常へと移っていきます。
    真のノーマライゼーションを世界に先駆けてつくりあげていかねばならない時間が刻々と近づいています。


    年金問題、医療問題など、ニッポンでは取るに足らないほど深刻な問題が介護問題です。
    それは間違いない。

    ですが、そんなニッポンの介護従事者は、弁護士先生やお医者様の域どころか、
    一般的な会社員レベルにさえない。
    これは大きな矛盾であり、社会的仕組まれた無知です。


    一部の志の高い方々になんとか支えられているニッポンですが
    早晩崩壊することでしょう。 なにしろ3人に1人が要介護者になるかもしれないのですから
    ニッポンはアメリカに10年遅れてますが、中国はさらにニッポンに10年遅れてます。
    中国は間違いなくニッポンに代わり、経済・軍事面でアジアの覇者になります。
    でも社会問題は10年前のニッポンです。 いずれ無理の利かなくなる世界が中国にも来る。
    さらに中国より10年送れたインドでも、ひょっとしたらずっと遠い先同じ問題を抱えるかもしれない。


    私は、この介護事業で、地域の方々に安心した暮らしを営むサポートをしたい。


    くどいようですが、もう一度言えば、年金・医療保障を論じている時ではないくらい
    介護問題は深刻です。自己負担額の多寡だけでなく、何より一部の志の高い介護従事者が
    低い報酬で甘んじている社会が根本から違っている。


    改めて、私はそんな介護問題に一石を閉じる発信をしていきたい。

















      

  • Posted by いのいの at 00:56Comments(5)創業までの悩み

    2010年09月21日

    NPO法人?社団法人?

    つい最近まで職業柄、個人事業で行こうと思ってました。
    が、いま構想中のビジネスプランでいくとなると、
    信用面で法人成りしておく必要がありそうです。。

    ただ、一般的に公益性の高いイメージを持ってもらえるのは
    NPO法人ですが、
    会員入会のご希望者には制約を設けられないことがネックとなるかも。
    それともうひとつ、
    将来的に、今考えているサービス提供に制限が生じる可能性もあるかもとのこと。。

    それより、一般社団法人形態にして、
    しかもお客様を、社員とは別扱いの
    「議決権行使のない会員としてはどうか?」


    こんなアドバイスを、メンターの司法書士の先生から頂きました。

    社団はこれから飛躍的に増えると思いますが、まだ少し迷ってます。



      

  • Posted by いのいの at 14:17Comments(4)創業までの悩み